コラム.tokyo

政治・社会問題など堅めのニュースを素人目線で考察していくブログです

【新型コロナ】中国だけでなく欧米各国も感染を隠蔽していたことが発覚か?

   

中国共産党が新型コロナウイルスの感染を隠蔽していたとして各国が訴訟する動きがありますが、どうやらそれは中国に限ったことではないようです。

新型コロナウイルス感染はフランスやアメリカも隠蔽している理由

以前から言われている事ではありますが、欧米各国では昨年の11月、12月から新型コロナウイルスの感染が確認されているんですよね。しかし、国際的にフランスやアメリカが感染を報告し始めたのは1月の後半になってからです。要するに最初に感染してから1~2か月の空白があるわけですから隠蔽していると考えるのが自然かと思います。

参考までにフランスやアメリカが去年の時点で感染している根拠となるニュースを紹介します。

フランスでは去年の12月には新型コロナウイルスの感染者がいることが判明

5月6日、フランスが報じたニュースです。昨年12月に新型コロナウイルスの感染者がいることが判明しました。

米国ニュージャージー州ベルビル市のマイケル・メルハム市長が去年の11月に新型コロナウイルスに感染している事を公表

こちらも5月6日のニュース。ニュージャージー州ベルビル市のマイケル・メルハム市長が11月に感染していたことを公表しています。

https://www.recordchina.co.jp/b803607-s16-c10-d0000.html

新型コロナウイルスの感染力を考慮するとフランス・アメリカ政府が感染を把握していないとは考えにくい

去年の11月、12月に感染が確認されているという事は、新型コロナの感染力の高さから推測するに、フランスやアメリカでは去年の時点で数万人が感染していたのではないかと考えられるわけです(去年の時点では外出自粛も封鎖もされていないので、あっと言う間に感染が広まったと思われます)。

1人や2人感染しているぐらいでは政府が把握するのは難しいですが、最初の感染時期を考えるにかなり感染が拡大していた事は確実だと思うので、政府が把握していないなんて事は無いはずなんですよね。その時点では中国武漢で広まっているウイルスと同じものと断定は出来なくても、未知のウイルスが広まっているという事は認識出来たはずなんです。

つまり、フランスやアメリカも感染拡大の事実を隠蔽していたと考える事が出来るわけです。

中国に責任を押し付けず、それぞれの国が責任を負う事が大切

全ての始まりは中国武漢であり、初動対応の誤りの責任は中国共産党にあるのは間違いないでしょう。

しかし、これはアメリカやフランスにも同じことが言えます。

それぞれ感染が発覚した11月、12月に国際的な報告をしていれば、ここまで被害拡大せず済んだはずです。

中国、フランス、アメリカに限らず、日本でも自治体や病院が感染を隠蔽している事が発覚しているわけですから、結局どの組織も保身を走ってしまうという事なんだと思います。

今は保身よりも、それぞれが責任を負い、国民の命を尊重して感染終息に向かうよう最善を尽くしてもらいです。

 - 雑記