コラム.tokyo

政治・社会問題など堅めのニュースを素人目線で考察していくブログです

*

【コロナウイルス】感染拡大は人権を主張する左翼・パヨクのせい!?

   

中国武漢を中心に世界に広まっているコロナウイルスですが、左翼・パヨクのせいにしたがる人がチラホラ見られます。

例えばこんなツイート。

この方は左翼が人権や反差別を主張するせいで感染が拡大している、緊急事態条項が必要だと主張しますが、全くもって見当外れな意見なんですよね。

その理由はこうです。

コロナウイルスの感染拡大は左翼が人権を主張するせいではない理由

コロナウイルスが感染拡大しているのは左翼が人権を主張するせいではありません。

他ならぬ日本政府・安倍政権の対応の遅さ、不十分さが原因です。

その理由ですが、よく考えてみてください。

普段なら人権派がデモを起こすわけですが、今回に限ってはデモが起きていないのです。

つまり、今回のような状況は「人権侵害には当たらない」あるいは「人権以上にウイルス感染対策を優先すべき」と人権派・左翼も考えている証拠です。

それに、普段は反対デモが起きても強行採決するような政府が、大して反対されていないのに普段よりも少数意見を尊重するのは不自然ですよね?

つまり、入国禁止措置や検査・隔離の強制をしないのは、人権派・左翼のせいではなく政府・安倍政権の意思によるものだと言えるわけです。

感染症対策に緊急事態条項が不要な理由

また、「緊急事態条項がないから対応が出来ない」という主張も見当違いであり、制定する必要性は全くありません。

なぜなら、最初は湖北省だけだった入国禁止地域が今になって拡大し始めているからです。

要するに、現憲法でも政府のさじ加減で入国禁止地域を増やすことは可能だということです。

逆に言えば、緊急事態条項を制定したところで、中国への忖度や自国への経済への影響を重視する考えが変わらない限り同じことが起こるのは確実です。

むしろ、まともな判断力が無い政府に緊急事態条項なんて行使させれば更なる問題が勃発しかねません。

政府は事態を楽観視せず、最悪の事態を想定した決断を

正直、政府は事態を楽観視しているように感じます。

2月12日時点では、1日のコロナウイルス検査可能数が300件らしく、18日には1000件に増やすようですが、正直対応が遅すぎるんですよね。

検査を受けたくても「国の基準を満たさないから」という理由で、断られている人が多くいます。

これは検査能力の拡大が遅れたからです。

こういう状況ですから、既に政府が把握していない所で感染は拡大していると考えた方がよいと思います。

検査能力が低いなら『中国から全面入国禁止』といった措置を取るべきなのに何故かやらない。入国させるなら全員を検査するぐらい検査能力を整えてからにすべきです。

感染が広まってからでは病院がパンクしてどうにもならなくなるのは素人目にも分かることです。

なぜ政府は最悪の事態を想定しないで楽観視しているのか不思議です。危機意識が無さ過ぎると言わざるを得ません。

 - 雑記