コラム.tokyo

政治・社会問題など堅めのニュースを素人目線で考察していくブログです

*

【韓国に同情】半導体材料輸出規制で反日不買運動するのも無理もない

   

日本政府が韓国に輸出規制したことで日韓関係に大きな亀裂が生じています。

日本政府的には「これまで優遇処置をしていたのを通常に戻した」という主張ですが実質的には規制です。

この件で韓国市民は怒り、日本製品の不買運動や反日運動が頻発しているのが現状です。

これに反発する日本人は多いと思いますが、私は逆で韓国人に同情します。

その理由を説明する前に輸出規制が行われた原因を簡単に説明します。

日本政府が韓国に半導体材料の輸出規制をした理由

日本政府が輸出規制を行った理由は、一部の悪質な韓国企業が第三国への横流しをしていたからというのが日本政府の言い分です。一方で、徴用工問題の政治的報復というのが韓国政府の言い分となります。

真実は分かりませんが、今回輸出規制された半導体材料はサリンの原料にも転用できるので、万が一を考慮すると規制も仕方ないと思います。

輸出規制問題で韓国市民は何も悪くない

今回の件で、韓国国内では日本製品の不買運動や反日運動が過熱していますが、一般の韓国国民には責任はありません。むしろ被害者です。

日本政府が主張するように「一部の悪質な韓国企業が第三国への横流し」が原因であれば、韓国国民がどうこうできる問題ではないからです。

日本にも悪質な企業がいくつもあります。その責任を一般市民に押し付けられても納得いかないわけです。

おそらく、今回の輸出規制で大量の失業者が出ると思います。路頭に迷い自殺する人もいるでしょう…。

実際、輸出規制を下したのは日本政府ですから、やり場のない怒りが日本に向けられるも仕方がないと思うんですよね。

これにより韓国が報復措置をすれば韓国に依存している日本企業も大打撃を受けかねないわけです。そうなったら、今度は日本人が同じことをするはずです(とはいえ日本は左寄りなので「日本死ね」現象が起こる可能性の方が高そうですが)。

輸出規制は仕方ない。”日本の為にも”他の部分で日韓交流を深めていくべき

今後の日本政府の追加措置の内容にもよりますが、今回の輸出規制は安全保障上仕方がないことだと思います。

とはいえ、今回の処置で何も責任のない韓国国民が犠牲になることは避けられません。

韓国の報復措置が行われば日本経済にも打撃です(日韓貿易では黒字なので国交断絶なんかになれば日本の首を絞めることになります)。

ですから、こういった事態を回避するためにも、今回の件とは関係ない部分ではこれまで以上に日韓関係を深めていくことが大切です。それが日本にとっても韓国にとってもプラスになります。対立を深めて良いことなんて無いわけですからね。

 - 雑記