コラム.tokyo

政治・社会問題など堅めのニュースを素人目線で考察していくブログです

*

【西日本豪雨・赤坂自民亭】酒に酔いながら災害対応!自民党・安倍政権支持者こそ安倍批判をすべき理由

   

※写真は朝日新聞より引用

西日本の各地で起きた未曾有の豪雨により170人以上が犠牲になっています。東日本大震災の津波を彷彿させる光景です…。

大災害が予測されていたにも関わらず自民党が宴会行いツイート

7月5日には気象庁が異例の緊急会見を行い大きな被害が予測されていたのにもかかわらず、安倍首相、小野寺防衛相、片山議員ら自民党の主要メンバーが『赤坂自民亭』と称して宴会を行っていたことが問題になっています。

この状況でピースサインをする片山議員は何を考えているのでしょうか。被災者の目に入ったらどう思うか想像しなかったのでしょうか?

続いてこちらの写真。安倍首相の隣にいる女性は上川法相ですが、これには意図的なものを感じざるを得ません。この宴会が行われたのはオウム幹部7人の死刑執行の前日であり、上川法相が真ん中で親指を立てているわけです。邪推かも知れませんが死刑執行の前祝いのように見えてしまいます。

自民党は行政に指示する立場

同日、野党議員もパーティーに出席したりしてブーメランなっていると話題になっていますが、行政に指示する立場である与党とそうでない野党では影響力が全く違うのです。

もちろん、この時期にパーティーを行う野党議員にも一定の批判があるべきだとは思いますが、災害対応に実害が出る恐れのある与党と同列に扱うのは違うと思います。

酒に酔いながら災害対応。飲酒運転並の悪質さ

宴会に出席していた小野寺防衛相はこの事態について「その都度指示は出していたので支障は無いと思う」などと弁解しましたが、あまりにも無茶苦茶です。

酒に酔いながら災害対応を指示すれば下手すれば二次被害が起きかねないわけですから、支障が無いはずが無いんですね。飲酒運転だって運転に支障が出るから重い罰が科されているわけです。

また、酒に酔っていなかったら犠牲者が1人でも多く救えた可能性もあるわけですよね。つまり、間接的に人を殺したようなものだと思いますし、それを容認した安倍首相にも相当な責任が問われるかと思います。

安倍政権支持者こそ安倍政権を非難すべき理由

この件について安倍政権支持者はあまり批判的ではないようです。「ここまでの災害になるとは予想が付かないだろ」「何かあるたびに宴会を中止しないといけないのか?」などと擁護する声が多いです。

『酒に酔いながら災害対応』したという事実は誰がどう見ても悪質性の高い対応です。こういう部分まで擁護するようになってしまっては、政府は調子に乗って同じような問題を繰り返し、いずれは日本は破滅に向かうと思います。

もちろんその前に政権交代が起こると思いますが、支持者はそれを望まないはずです。だったら、支持者自らが安倍政権の問題行動を非難し改善させる必要があるというわけです。

 - 雑記