コラム.tokyo

政治・社会問題など堅めのニュースを素人目線で考察していくブログです

*

【人種差別】レイシストの心理は大きく分けて2通り存在する

   

まず、タイトルにある「レイシストの心理は2通りある」について話す前に下記をご覧頂こうと思います。

先日、奈良県安堵町の増井敬史町議が度重なるヘイトスピーチをしたことで辞職したことをご存知でしょうか?

MBSニュースによると、増井町議は特定の野党議員を名指して「極悪非道の在日Korean」、「両足を牛にくくりつけて、股裂きの刑にしてやりたい」などとフェイスブックに書き込み、また、菅直人元総理大臣に対しても「論外のアホである!ポア(殺害)して欲しいと思う」などと言った過激発言をしました。

FBに“ヘイト”投稿の安堵町議が「涙の弁明」 – MBSニュース

在日コリアン扱いされた野党議員は誰?

増井町議が在日コリアン扱いした野党議員は、山尾志桜里議員、福島瑞穂議員、辻元清美議員の3名です。

在日コリアン扱いされた3名の議員ですが正真正銘の日本人です。つまりデマという事になります。

帰化人という噂もありますが証拠が無いんですよね。つまり、ネットの信憑性の無い情報を鵜呑みにして、「極悪非道の在日Korean」などと言ってるわけです。

不勉強で差別の自覚が無かった?

増井町議はこの騒動についてこう弁解しています。

「お騒がせいたしまして誠に申し訳ございません。深く反省しております。一番の問題は自分自身が不勉強で、ヘイトスピーチや人権侵害についてまったく自覚がなく」(増井敬史安堵町議)

この弁解に疑問を持った人は多いのではないでしょうか?

増井町議はヘイトスピーチや人権侵害をした理由を自身の不勉強を理由にあげましたが、そもそも、普通の感覚を持っている人なら勉強せずとも肌感で何がヘイトスピーチ・人権侵害かは大体わかるはずなんですよね。

この不可解な弁解の謎を解き明かすのが、この記事のタイトルである「レイシストの心理は2通りある」なのです。

2通り存在するレイシストの心理

私の考えではレイシストの心理(タイプ)には以下の2通りがあります。

  • 自覚型レイシスト
  • 洗脳型レイシスト

それでは、この2つのレイシストの心理について説明していきます。

自覚型レイシスト

自覚型レイシストとは「自分が差別を行っている」という自覚を持ったうえでヘイトスピーチや人権侵害をする差別主義者です。

つまり、「コリアンにも良い人はいる、悪いのは一部だけ」と理解はしているが、「でも基本的にコリアンは嫌いだから一括りにしてしまおう」という心理でヘイトスピーチを行っているのです。

おそらくレイシストの大半はこのタイプだと思います。

このタイプのレイシストは頭では「良いコリアンもいる」と分かっているので、普段はヘイトスピーチを行っていてもコリアンの友人がいるというケースも珍しくありません。

洗脳型レイシスト

洗脳型レイシストは「自分が差別を行っている」という自覚が無く、むしろそれが正義だと考えている差別主義者です。

こうなった原因はネットや書籍の偏向した情報やデマにあります。ネットや書籍の影響され「コリアンそのものが悪しき存在」だと思い込んでいるのです。つまり洗脳状態であると言えます。

このタイプのレイシストは非常に厄介です。「コリアンそのものが悪しき存在」だと思い込んでいるので正論が通じません。ヘイトスピーチを批判すれば「日本の敵を攻撃して何が悪い!」と開き直るでしょう。本人からすれば善行をやってるだけですからね。

なお、増井町議はこちらのタイプです。本人の発言からそれが分かります。

「この人らは言うたら工作員ですよ。国会議員でありながら。私から言わすと、反日勢力が今回の騒動を拡散させていると、私をつぶそうとしている」

「頑張ってきたつもりなんですけど…(激しい嗚咽)日本のために、フェイスブックもやっていたつもりで…議員を辞職して責任を取るという方法もあるが、それだったら左翼の思うつぼなので」

増井町議は在日コリアン扱いした野党議員を工作員だと妄信しているので、本気で日本の国益のためにヘイトスピーチをやっていた可能性があるわけです。

ちなみに、このタイプのレイシストに権力を持たせるのは非常に危険です。ヘイトスピーチを「日本のため」と思い込むぐらいですから、権力を持ったらそれ以上の事を躊躇なくやりかねないという事です。

差別だけが問題ではない

レイシストには2通りがあり、中でも洗脳型レイシストは危険だと話しました。しかし、レイシストに限らず同じような属性の人がいます。

日本においてレイシストは基本的に右翼思想が大半を占めますが、左翼思想にも洗脳状態の人がいます。例えば、人権団体や動物愛護団体にも狂人的な行動を取る人が一定数います。

差別は人間として許されない行為ですが、それ以上に洗脳状態で理性が働かない人は右も左も関係なく脅威です。

そして、洗脳は簡単には解けないという問題もあります。ですので、法整備や警察による監視などを強化していく必要があると思います。

 - 雑記 , ,